YEAR-POLICY | 年度会長方針

2018-19年度
東海ロータリークラブ
会長佐藤 雅之
佐藤雅之

年度方針(2018〜19)

「温故知新」

故(ふる)きを温(たず)ね 新(あたら)しきを知(し)る
 
 東海ロータリークラブも本年50周年を迎えることとなりました。これもひとえに創立からご尽力をいただいた多くの先輩諸兄と、これまでのロータリー活動にご理解をいただき、関わりを頂いた各種団体・個人の皆様のご支援を賜り、感謝に堪えません。この50周年を機に昔のことをもう一度調べたり考えたりして、新たな道理や知識を見い出し自分たちのものとし、東海ロータリークラブの新たな50年に進みたいと考えます。
 バリー・ラシン国際ロータリー会長は「BE THE INSPIRATION」インスピレーションになろうと表現をしています。(鼓舞する、刺激する、発奮させるなど前進する活力となる)

 我々ロータリーそしてロータリアンがインスピレーションのきっかけになればと思います。
「私の街でロータリーを私の街からロータリーを」を考え、ロータリーの奉仕の理念を学び奉仕を実践し、私たちの街のインスピレーションとなり、新たな節目の年になるよう活動したいと考えています。

50周年式典及び事業を開催します。

実行委員会を立ち上げ、ロータリーらしく厳粛に故きを温ねながら進めていきたいと思います。

楽しくなければロータリーじゃない。

ロータリー活動を通して仲間を増やし、世代を越えた友情の輪を作りたいものです。ロータリーに入会してよかったとそれぞれが思っていただけるよう親睦を中心に活動を広げて行きたいと思います。また同好会も活発に活動していただけるようサポートしていきます。

奉仕活動の見直しをします。

ロータリーとして具体的な事業の支援をしていきたいと考えます。また、相手が本当に望んでいるのかを確認しながら進めていきたいと考えます次世代へ続くロータリーを考え新たなことにチャレンジしていくことも大切なことと考えます。地に足をつけて一歩ずつ進んでいけたら素晴らしいことと思います。

ご縁を大切にしたいと思います。

ロータリーだから知り合えた人、ロータリーだから経験できたこと、ロータリーだから知り得たことこんなご縁を大切にしたいと思います。「縁に気づき縁を生かし縁を引き寄せる」を頭の中心において会長を務めてまいります。皆様の熱きご支援と温かいご指導をよろしくお願いいたします。

基本方針

・50周年式典及び事業の開催
・会員交流と親睦の充実 (ファイヤーサイドミーティングの開催、同好会活動のサポート)
・すべての事業の見直しと進化
・公共イメージの向上を積極的に実行
・会員増強 会員総数60名以上
・組織の原点 ルールを守ること